ジモモ佐賀

2012年04月19日

三瀬城址探検隊

くましろドンのお話。

むかしむかし、450年ぐらい前の三瀬高原に「くましろ・かつとし」(神代勝利)という偉いお侍さんがおったそうな...

その、お侍さんが居城としていたのが、『三瀬城』

三瀬城は、城山という、けっこう高い山の上にあり、難攻不落のお城じゃったそうな...

くましろドンの、兵隊さん達は、少数精鋭で、強大な軍事力を持もって佐賀平野を治めていた、ひじぇん(肥前)の熊と呼ばれた「りゅうぞうじ・たかのぶ」(龍造寺隆信)とタイマンをはれるぐらい強かったそうな...

めでたしめでたし!


そんな、くましろドンが居城としていた三瀬城

今は、木々が生い茂る森に変わって、石垣だけが当時の面影を残していた。

そんな歴史のある三瀬城址を整備しようとBossが言いはじめ、事務局員が何度も登山する事に...(泣)

今回は整備の状況を確認するため、探検隊が編成された。

事務局員からは、34&Tn

そして新たに、特殊工作員として本庁に派遣され賞味期限切れに伴い帰還した 32(サンジ)の3名、及びお偉いさんたちで編成された。

三瀬城址へは長く険しい道のり、長靴に鉈(なた)という軽装で挑む事務局員達に数々の試練が待ち受けていようとは、このときは誰一人知る由もなかった...

さて、上り始めた隊員たち、始めは緩やかな登りなので、遠足気分で登っていると...

山の守り神 巨大アナコンダが現れた!
DSCF1352.JPG


ギャーギャーわめきながらアナコンダから命からがら逃げて、断崖絶壁のような上り坂を登り…
IMG_0086.JPG


巨大な川を越え…
DSCF1323.JPG


途中、三瀬城へ続く道であったであろう石畳を発見したり・・・
IMG_0093.JPG


名前も知らない滝を発見したり・・・
IMG_0096.JPG


発見した泉でのどを潤し・・・
IMG_0099.JPG


滑落の危険を危機一髪回避したり・・・
DSCF1332.JPG


事務局員34が「足の豆の潰れたぁ!!!」ゆうてギャーギャーわめいたり・・・
DSCF1334.JPG


昔の炭焼き釜のあとを発見したり・・・
DSCF1330.JPG


様々な困難を乗り越え、上り始めてだいたい25分、ついに山頂にある本丸跡に到着!

本丸付近の支障木は、綺麗に伐採されており、周りの山々を見渡せるようになっていた。

写真は、本丸北側の展望所
IMG_0103.JPG

近くにはベンチも設置されており、そこに座って双眼鏡で遠くを眺める32・・・その目に、何が見えているのか!?
IMG_0110.JPG


写真は、本丸南側の展望所
IMG_0114.JPG

次に二の丸展望所
IMG_0125.JPG

そこからは、北山ダムや、マッちゃん、遠くにはどんぐり村まで見渡せて、眺めは最高(≧ω≦)b

4月28日オープン予定のさと山も見えました!

まだまだ整備途中なので、看板とかは無いのですが、今後設置予定とのこと。

往復1時間程度なので、夏〜秋にかけてのちょっとしたトレッキングにはちょうどいいコースでした。

木々の間を通り、沢もあって、眺めも最高!

三瀬高原の新たな観光スポットまた一つ増えました。

完成したら詳しく紹介します。


Tn

posted by みつせ高原スタッフ at 15:58| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
三瀬高原の新たな観光スポット、いいですね。
おんじさん、もとい、32(さんじ)さんも、よか味出されてますね(^_^)
完成が楽しみです。
Posted by at 2012年04月19日 22:51
あやしい探検隊の
おんじぃ〜〜、もとい32(サンジ)です。

眺めは絶景でございます。
完成したら是非とも、お待ちしています。
Posted by サンジ at 2012年04月20日 08:45
楽しく拝見しております。三瀬城跡は非常に興味があるので、訪ねてみたいと思います。
Posted by ミツセヒロト at 2012年05月25日 10:21
完成が楽しみですね!!
Posted by 友田 大輔 at 2013年02月10日 17:36
春を探しに相棒と二人で三瀬峠にでかけました。今まで気づかなかった三瀬城跡の看板をみつけ山頂まで歩きました。年齢が60歳近くなのでさすがにヨレヨレです。山頂の祠に榊をそなえお祈りもしてきました。お賽銭もおいてきました。よくみると祠の天井に大きなスズメ蜂の巣があったのでそれもちゃんと撤去しました。気持ちいい時間すごしました。ありがとうございました。
※みなさんがちゃんと整備してくれていたので登りやすかったです。それと獣と思われる声をききビビリました。姿はみえませんでした。アナコンダにはあえませんでした。
Posted by 博多めんたい子 at 2014年04月06日 20:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/265557857
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。