ジモモ佐賀

2009年07月22日

三瀬での部分日食

 本日7月22日は、日本で46年ぶりに皆既日食が観測できるということで、数日前から話題になってました。
 ここ三瀬村でも保育園の園児が庭に出て、日食の様子を観察していて、「わぁー」っといった歓声があがり、とてもかわいらしい光景が見られました。
 さて三瀬では、10時10分くらいから、少しずつ太陽の右肩の位置から日食が始まりました。
DSC_1830.JPG

DSC_1835.JPG

DSC_1845.JPG
 上の写真の一番下の写真(3枚目)の時(10時57分くらい)には、辺りが少し暗くなり、太陽の光が差しているにもかかわらず、とても涼しく、何とも不思議な感じでした。サングラスをかけて辺りを見回しているような感覚でした。
DSC_1872.JPG

 しばらくして、今度は上の太陽の上の方が段々と現れ始めました。
 下の写真は、太陽がこれから顔を段々のぞかせはじめる頃に、雲でさえぎられた一瞬、肉眼で見ることができました。近くいた方が急いでデジカメのシャッターを押して撮った写真です。
SANY0105.JPG

SANY0106.JPG

 次回日本で皆既日食が観測できるのは60年後ということですので、おそらく私の人生で最後になるexclamation&questionたらーっ(汗)日食をこの目で見れて、とても感慨深いものがありました。

Ni
posted by みつせ高原スタッフ at 13:24| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
皆既日食の神秘的な写真拝見しました。僕の所では、見られなかったので感激しました。ところで、
次の皆既日食は、26年後だと思うんですが・・・
まだまだお若いと思うので、最後ではないことを祈ります。
Posted by きんふぁみ 長男 at 2009年07月23日 14:59
コメントありがとうございます。
いやー、ほんとに次の日本での皆既日食は「2035年9月2日頃」に富山と茨城辺りで見れそうですね。
あれ、私は何を見て60年後と思ったのでしょうか・・・?
きんふぁみ長男さんの近くのようですので、26年後には肉眼で見てみれるといいですね。
私も見れるといいのですが・・・。日々の晩酌、気をつけたいものです・・・。
Posted by みつせ高原スタッフ at 2009年07月23日 15:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124023488
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

バンコクの部分日食
Excerpt: 今日の午後、バンコクで部分日食が見れました。 15:30頃で57%隠れるとのことでしたが、 その辺にあったプラスチックのちりとり...
Weblog: タイランドビュー 〜タイ、バンコク現地情報〜
Tracked: 2010-01-15 20:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。